【NEWS】ブルース・リーの“ドラッグ依存”友人への手紙で判明

ブルース・リーの薬物依存症って噂は結構前からありましたが、明確なことは分かってはいませんでした。
断ち切ろうとしていた素振りもあったようですが、それでも抜けられない薬物とは怖いものですね。

ナリナリドットコム
ブルース・リーの“ドラッグ依存”友人への手紙で判明
故ブルース・リーが、密かにドラッグを常用していたことが、友人への手紙の中で明らかになった。1973年に脳浮腫により32歳の若さで他界したリーだが、生前、俳優ロバート・ベイカーに宛てた手紙の中で、ドラッグ依存を告白していたという。

ベイカーが1969年からコカインやLSD、大麻などの薬物をリーに供給していたと見られる内容も記されたその手紙は、フリーマーケットで発見されたのち、リー本人による手紙だと確認したダラスのヘリテージ・オークションズを通じて販売された。

1993年に52歳で他界しているベイカーに宛てた数々の手書きの手紙の中には、リーが役作りの助けになるとしてコカインを求めているものや、複数の薬物を注文しているものなどがあり、コカインと見られる「C」「コーク」「コカコーラ」をたびたび注文していることが見て取れる。

ブルース・リーの“ドラッグ依存”友人への手紙で判明
ブルース・リーの“ドラッグ依存”友人への手紙で判明のニュースを紹介
LIFEMY NEWSブログ格闘技
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
The KzØ.com
スポンサーリンク
白虎
このHPに対して感想・意見・疑問などがある方は、下記まで。
MAIL
タイトルとURLをコピーしました