夏の紫外線から目を守れ

【サラリーマンを襲う病気】
 夏の紫外線といえば怖いのは皮膚がんだけだと思いがちだが、実は目にもダメージを与えることがわかってきた。金沢医科大学眼科チームの小島正美講師らの研究によって、紫外線が白内障を発症させることが明らかになった。(2004.07.20掲載)
夕刊フジBLOG
紫外線カットのグラサンを普段からつけたほうがいいのか。
しかし、仕事のある平日は、無理があるな(^-^;。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク