ホリケン、“片キン”失う!でも子作りはOK

【睾丸腫瘍】
男性ホルモンを分泌すると同時に精子を作る精巣にできる腫瘍で、乳幼児期と思春期以降の性的活動が高まる時期に発生しやすい。多くの場合は、痛みを伴わず、陰嚢の肥大に気づくことで発見される。悪性の場合、腫瘍は非常に早く増殖し転移しやすい。
[Details]http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20040504080505/Sanspo_EN_120040504014.html
前に知り合いにも睾丸の摘出手術を受け、片方無いんだよなどと気軽に言っていたが、片方とは言え、なりたくないな。
あとは、バイ菌が入りこみ、大きくなったっていうのも、前の職場にいた。
う~む。気を付けたいが、どうすればどう心がければいいねん^^;。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク