PSP、品薄感広がり量販店は予約販売断念 行列必至か

新型携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の12日の発売を前に、量販店などでは十分な台数を確保できず、予約販売を断念するなど品薄感が広がっている。予約販売を実施した店でも早々に受け付けを締め切り、ネットオークションで予約券が取引されるなどの影響が出ている。発売日には、秋葉原などで数百人単位の行列ができるとの予測もされている。
details記事(毎日新聞@MSN)

PSPは、初期20万台、その後毎週10万台、年内に計50万台の出荷を計画しているとのこと。
なので、年内に手に入れることの出来る人は少ないだろう^^;。いろんな大手量販店では、予約しても予約分で店頭販売ができなくなる可能性がある為、予約を断念し、当日販売のみの対応にしていると聞く。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク