今月2回目のアキバ・・・でも、T-ZONEにはムカついた

先日(5/15)、CPU(ペンティアムDの935)を購入したんだが、今日は、相方が子供と遊びに出かけたので、再びアキバへ(今度はビデオカードを偵察)。
いろいろ見て、最近、発売したとされる「ELSA GLADIAC 786 GTS 256MB」・・・3万位するが、ブルーレイ等、将来を見据えると、コレが有力かな。
うちは、ベアボーン(WINDy製 ALTIUM ALCADIA X-4 i945 BLAK KNIGHT2)なんで、厚さは1スロット、長さは205mmが限界だ・・・8600GTSを選ぼうなんてしているので、かなりの冒険(夏はヤバいな)。
そこで、ベアボーンをよく取り扱っていたT-ZONEへ相談しに・・・3F(ベアボーン階)ではASUSの特殊なものでない限り刺さるとのことだが、ビデオカードが1Fしかなかったので、再び1Fで聞いた。
で、ここで少々、ムカつくことに。
WINDy製には、ALCADIAタイプはなく、お客さんの間違いだと言い張るし、目的のビデオカードの長さは240mmだったような話をされ、WINDy製は、熱を逃がすのが難しいから・・・といろいろ言われてしまった。
(自分のベアボーンは、数量限定品で、公式HPでは同カラーは無くともベースとなるベアボーンはある。)
こういう人間は、どうして似たような容姿をして、主張が高いんだ?、まあ、いいや、情報だけはおとなしく聞いておこうと思っていたのだが、結局、利になる話は得られませんでした。
ベアボーン自体、しかも500W電源を積んでいるんで、熱はそこそこ犠牲になっているもんだと思うし、ビデオカードも後で調べると約183mm(店頭にあったんで、そのまま計ってくれって言ったんだが)・・・。
ベアボーンのこと何でも知っているんで・・・などと最初に言うモンだから、さらにムカつかされたもんですよ。
この日は、ALCADIAタイプのベアボーンが絶対無く、客の見間違いだと引き下がりそうにもなかったことに一番ムカつきました(普通、自分のものは確認した上で聞いているんですが・・・取扱説明書、持って行けば良かったかな)。
で、この日、買ったのは、
・検査鏡(歯医者で見かける歯の裏を見る小さい丸鏡のようなもの)
・ICエキストラクター(小さなROMやチップを取り外すもの)
・ピンセット(指で挟むと開くという普通とは逆のもの)
を購入。
そういや、せっかく時間があったのに、ギなしの練習に行けば良かったなぁ・・・すっかり忘れさせられてましたよ、今回のT-ZONEの対応には。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク