バッファロー、HDD交換が容易になった「TeraStation」

株式会社バッファローは、RAID5に対応するNAS(Network Attached Storage)「TeraStation」シリーズ3モデルを12月中旬より発売する。対応OSはWindows 95/98/Me/NT 4.0/2000/XP/Server 2003、Mac OS 8.6~9.2.2、Mac OS X 10.0.4以降。
details記事(PC Watch)
linksRAID5対応LAN接続ハードディスク「TeraStation」

いずれ出るとは思っていましたが、シリアルATA対応の寺駅(TeraStation)。
しかし、「従来モデルで搭載されていたプリントサーバー機能やメディアサーバー機能、USBキャプチャ接続機能は削除された。」とある。
俺的(旧寺駅を持ってる)には、RAID5に加え、メディアサーバー機能&USBキャプチャ接続機能を大半使用している。なので、今回は、完全ファイルサーバ固定なんだろうね。メディアサーバ等って、結構、不具合報告があったので、外したのだろう(笑)。外見的には、旧寺駅の金庫型が良かったのだが、HDDの入替が楽になったというのは、結構いいことだ。でも、そうそう入れ替えることがあるのかが微妙なのですが、壊れやすければ・・・(^-^;。
まあ、今回は、余計な?ものは削り、メンテナンス性や安定性などを主に設計されたのでしょう(これがホントの企業向け風)。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク