「パンクラチオン」世界大会開催へ

PRIDEを主催するDSEが、日本レスリング協会が中心となって五輪正式競技種目を目指す組み技格闘技「パンクラチオン」の運営、製作を担当することが21日、分かった。DSEの榊原信行社長(41)が明かしたもので、現在、来年に世界選手権大会を開催する方向で調整中。ロシア代表・ヒョードル(29)、クロアチア代表のミルコ・クロコップ(30)、日本代表・吉田秀彦(36)=吉田道場=らの組み技での対戦も実現する可能性が出てきた。また、PRIDE30のルールミーティングが都内のホテルで行われた。
details記事(スポーツナビ格闘技)

噂されていたことが、いよいよ始動ですね。
木口先生も中心的に活動されるんですかね。コンバットレスリングは独自で行くのでしょうか。
でも、DSEとかエンターティメント性が強調されるPRIDEが関わっているのが気になるところです(^-^;。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク