脳脊髄液減少症:闘い6年、人気漫画家が再び活動開始!

6年前、表舞台から突然姿を消した人気漫画家がいた。まつもと泉さん(46)=東京都在住。原因不明の激しい頭痛に悩まされて絶望のふちをさまよったが昨年夏、難治性のむち打ち症の「真相」として注目される「脳脊髄(せきずい)液減少症」だったことが判明した。「この病気の存在を漫画で世界中に知らせたい」。まつもとさんは治療を続けながら、新たな目標に向けて再び漫画を描き始めた。
details記事(毎日新聞@MSN

あの「気まぐれオレンジロード」のまつもと泉氏って、そんなことになっていたんですね。
彼の元(アシスタント)から、萩原氏(バスタード)や岡崎氏(エレメンタラー)←俺的師匠が排出されたのは有名。その大元はの方は、最近、見かけなかったので、どうしてしまったのだろうと思ってた矢先、このような記事が・・・。元気に再帰して欲しいです。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク