町合併のために、「ツチノコの町」が消えた

幻のヘビ「ツチノコ」を生け捕りに2億円を支払うと宣言していた兵庫県の旧千種町のユニークな制度が、今春の4町合併で宍粟(しそう)市となったのを機に廃止された。「現実性がない」という合併協議会方針で継続を断念、「ツチノコの町」を売り物にしてきた過疎の町の夢は幻と消えた。識者は「平成の大合併で弱小自治体の創意工夫が失われた典型だ」と指摘している。
details記事(毎日新聞@MSN)

賞金額を100万なりに減らすだけでも駄目だったんでしょうかね。つまらない町になったような気がする、そんな大きな経済損失もあるのだとも思います。子供達、人々の夢を壊さないで欲しいものです。ツチノコ同様、賞金も町も幻になったような気がします(^-^;。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク