価格.comクラック対策~可能性は低いが閲覧者はウイルス感染確認を

価格.comの発表、ウイルス対策ソフトベンダ、それにインターネット上の情報(今回は2ちゃんねるなど、掲示板での情報交換が非常に活発に行なわれた)を総合して考えると、今回のウイルスは、Webを閲覧することでPC内にウイルスが取り込まれて活性化される、いわゆる「受動攻撃型」のウイルスのようだ。
details記事(INTERNET Watch)
othersウイルスの種類と対処法を発表

世間を騒がせてる「価格.com」ですが、不明確な点が見えてきたようです。
気を付けたいようでも気を付けられないものですが・・・(^-^;。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク