「育児でパソコンできず」検察冒陳で指摘

6カ月の長女を虐待して殺したとして、殺人罪に問われた中区舟入幸町の無職、井口弘之被告(24)の初公判が14日、広島地裁であり、検察側は冒頭陳述で「育児に手間取り、好きなパソコンに時間を使えなくなったことから長女を疎ましく思うようになった」と虐待の動機を指摘した。
details記事(毎日新聞@MSN)

今やパソコンは、ヲタクだけのものではないからね。こんな事件も多くなるのでは。昔、ゲームでの兄弟喧嘩もあったな^^;。
しかし、「パソコンできず」「パソコンできる」・・・ん~、なんか日本語もおかしい(笑)。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク