周波数の奪い合い~800MHz、そして1.7GHzの行方は?

携帯電話用周波数として突如浮上した1.7GHz帯。2006年にも利用可能になるこの帯域を巡り、各社が割当を主張。「既存事業者に周波数は足りているのか」「新規参入の是非は」などが今後の焦点となりそうだ。
details記事(ITmedia)

特に1.7GHzは諸外国との国際的な整合性が期待でき、端末の国際調達を旨とするボーダフォンとしては、海外と共通の周波数帯の確保は必須となる。
今冬より、3G本格化するボーダフォンにとっては、意地でも確保したいだろう。
まあ、なんにせよYahooはウザい。
BBの始めの頃から、NTT基地局等にくれくれ攻撃やってました。サポートが十分じゃないにもかかわらず、顧客を取り過ぎ、溢れ、サポートが極悪になりました。あの頃は・・・というか今でも昔ほどではないが、まだそうらしいと聞く。
やろうとしてることも、それが画期的なことも分かるが、他の人、事業者、等に対し、あまりにも配慮も考えも無さ過ぎ。
花火や運動会で例えると、場所がもう無いのに、あとから割り込んでくる極悪非道な奴と同じです(^-^;。
Yahooの放置プレイの犠牲の1人だったんで、信頼は取り戻せません。>Yahoo


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク