社内でも甘いスパイウェア対策の現状が判明

米Webroot Softwareは、米国内の企業が講じているスパイウェア対策の現状に関して実施された調査の最新レポートを発表した。スパイウェアに対する懸念は高まっているものの、まだ実際に市販の対策ソフトなどを導入している企業は非常に少ないようだ。
details記事(MYCOM PCWEB)

日本じゃ、社内で、ウィルス対策やファイヤーウォールで、対策は行ってても、スパイウェア対策をやっているところは無いに等しいだろうな(うちの会社もないし^^;)。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク