長さ5キロの小惑星、29日夜に地球へ最接近

長さ最大約5キロの小惑星「トータチス」が日本時間29日夜、地球に約155万キロまで最接近することが、米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所の観測で判明した。
details記事(Yahoo)

地球に被害をもたらす可能性のある要注意小惑星にリストアップされている。
正式名は小惑星4179。だ円に近い軌道を描きながらほぼ4年に1回地球に近づいており、92年には約350万キロまで接近した。
で、今回は、155万キロ・・・次回は?
激突するんじゃないか(^-^;。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク