量子テレポーテーションに成功

物質の状態が瞬時に転送される「量子テレポーテーション」を3者間で行うことに、東大大学院工学系研究科の古沢明助教授らが世界で初めて成功した。研究が進めば高速コンピューターや暗号技術に応用できそうだ。
details記事(Yahoo)

「量子テレポーテーション」、そんなものが可能となってくるとは^^;。
物質そのものは移動するわけではなく、本件は光子(光の粒)などで行われ、この粒の様々な性質を含んだ「量子力学的な情報」が、別の光子に瞬時に乗り移るようなそんな実験だ。
送信者の手元で情報が消え、受信者側に現れるという不思議な現象を起こす。
のちのち物質も移動できるようになるのだろうか?


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク