13年間に渡って女の子だと思われていた子供

【news.au】中国は鄭州にて、13年間に渡って女の子だと思われていた子供からペニスが発見され、実は男の子だったという事が明らかになったとのこと。事件を伝えた中国国営メディアによれば、少年の両親は少年をこれまで13年間に渡って女の子として育ててきたが、最近になって病院から少年に未発達のペニスが存在していた事を告げられ、初めて男の子である事に気がついたという。また両親はてっきり息子を女の子だと信じきっていた為、女の子用の服を着せ、女子トイレに行くようしつけるなど、普通に女の子として育てていたのである。しかしある時、少年がテレビで可愛い女性を見ている最中に、少年の下半身が”不穏な反応”を示していることを発見。不思議に思った両親は少年を医者に診せ、そこで医師が隠れていたペニスを発見し、少年が男の子であった事を明らかにしたのである。少年のペニスを発見した医師によれば、少年は性器が一見しただけでは見えない場所に存在するという稀な奇形症状を持っていた為にこのような誤解を生んだと結論している。
記事(ABC news)
13年間も未発達であるままでいられるものなのか^^;。
まあ、勃起することを考えるとそんな歳ぐらいで、ばれるだろうな(笑)。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク