「宇宙戦艦ヤマト」20年ぶり復活 

06年夏、劇場公開予定
基本構想では、時代設定が前作から約20年たった西暦2222年。宇宙を移動するブラックホールが半年後には地球をのみ込むことが分かり、全人類が2万7000光年離れた星に移住することを決定。移民船団がその星に向かう途中、一帯の惑星を植民地支配する大国の軍隊から攻撃を受け、ヤマトが反撃をする――という内容だ。
主役はヤマト艦長の古代進。前作では古代の恋人だった森ユキは古代と結婚し、娘の雪が登場する。脚本は今年秋ごろに完成の予定。
記事(asahi.com)
まともなヤマトが見れるといいですね(^-^;。
かつて間にも、ヤマトなんだが、ヤマトもどきのようなものがあった。
しかも著作権云々でいろいろ揉めたり、原作か監督か忘れたが、逮捕されるような事件も起こった背景があるいわく付のヤマトだ。
夢を壊して欲しくないものだ。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク