MS、ヤフー、AOL提携

米マイクロソフト(MS)は15日、米インターネット検索大手ヤフー、米ネット接続サービス大手アメリカ・オンライン(AOL)と、ネット上で即時に伝言を送受信できるインスタントメッセージ(IM)サービスの相互接続で合意した、と発表した。今回の提携により、事実上、世界最大のIMサービス網が形成される。
年内に登場するMicrosoftの「Live Communications Server」新版を利用すると、同社の企業向けIMユーザーは、AOLおよびYahoo!のIMユーザーとチャットできるようになる。
MSがAOL、Yahoo!のIMネットワークに接続
大手3社のIMサービスが結ばれると、全世界で4億人以上の利用者同士がメッセージ交換できるようになる。
今まで、この3大IMは、個別に動いてたからなぁ。これは凄いことだ。
自分は、Yahooはあまり使用しないが、MSの方を使用(Macの対応も早かったしね)。
また、これ以外にも、ICQの利用者もいるかもしれないが、UG的なイメージが強いからなぁ^^;。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク