最大速度200Mbpsの新技術「Uni-DSL」を開発

Textas Instrumentsは、帯域幅を最大200Mbpsに高めた新しいDSL技術「Uni-DSL」を発表した。この技術に基づく最初の半導体製品は2005年後半に出荷の見込み。
記事(ITmedia)
うちは、マンションなので、管理人かもしくは、不動産が入れてくれないことには、光が入らない。かといって、個人でやるとしても、設置後に実はいついつから光を入れますとなったらヤダからなぁ(^-^;。
光は、まぁ、諦めてはいたんだけど、今回の話が成功すれば面白くはなるな(先は長いけど)。しかし、上りはいくつになるんだろうな、自宅サーバ立てたいんだが。
また、第1世代の製品が登場するのは2006年になるようなので、その頃には、また別の何かが登場しているのだろう。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク