MS、アプリ起動用ボタンに関する特許取得

Microsoftが取得した特許は「アプリケーション起動用のタイムベースのハードウェアボタン」。主に一連のアプリケーションボタンを備えたPDAに関連している。
特許概要では、ボタンを1度押した場合、しばらく押し続けた場合、短い間に2度押した場合でそれぞれ違う機能を立ち上げる手法に関するものだと説明している。
記事(ITmedia)
こんな一般化したものに特許とるは、どうするつもりだMicrosoft。
ソニーが、よく活用している部分じゃないのかな。
ハードウェアボタンということは、マウスの活用によっては、これも問われるのか?
パソコンだと、基本的にこういう動作が一般的に行われるようになったのって、Macからだと思うんだが(^-^;。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク