ハイテクで「マイノリティ・リポート」が現実に……?

米国のある企業が、データベースとパターンマッチングソフトを使い、12万人をテロリスト候補として「予言」、その情報を当局に渡していたことが明らかに。(IDG)
ハイテクで「マイノリティ・リポート」が現実に
要は、実際に犯罪が犯される前に予言し、その人物を追及しようとするもの。
知らずにリストに載ること自体、怖いんだが・・・。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク