CDやDVDの寿命は意外に短い?

[Details]CDやDVDの寿命
自分としては、今時のデータの寿命は、アナログからデジタルした分、長持ち?はするが、イキナリが消えてしまうというのは当たり前だと思っている。
といっても10年、20年という単位だが^^;。
CDやDVDも、数年前よりは科学技術も発達し、新しい材料等を使用し長持ちするようになってきているが、100年後なんて誰も想像すらしないし、そこまで持つという保証もない。
かといって、その為のバックアップ取りたいのに著作権のプロテクト等でバックアップ取れない状況もできている。
こういうプロテクトを行うということは、買った人々に対し、永久保証をしているのだろうか?
つまり、10年後とかに聞けなくなったら、現品持って行けば、新品に取り替えてくれるのかとかね。
まず、それはありえないだろう。
室温がどうとか、取り扱いがどうとかで、買って頂いた人々に対し、研究室でもない限りできそうもない状態でなかったから・・・保存状態が良くなかったなどと言われるに違いない。
向こうも企業だから、利益的にも問題があるが、消費者的には永久的に使いたいものである。
まあ、テープからDAT、MD、CD、DVDと、現在は、いろんなメディアになったし、今後もまたいろんなメディアが増えてくるだろう。かつ混乱する消費者もね。
余談だが、最近出てきた、Winny事件もそうだが、著作権云々、問われる時代になったのではないのだろうか。
※あとアップグレードのバージョンアップの間隔が、最近短いように思われる。
 個人では結構、金銭的にキツいものがあります。
 これもどうにかならないのかと(笑)。


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク