東大助手、起訴へ ウィニー著作権侵害幇助で京都地検

ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」による著作権法違反事件で、京都地検は31日、ソフトを開発した東大大学院助手を同法違反(公衆送信権の侵害)幇助罪で起訴する。京都府警に逮捕された金子容疑者は同幇助容疑を否認、専門家から、幇助の概念を広く解釈しすぎていると捜査への疑問も出ている。地検は、ウィニーをつくった目的が著作権侵害を蔓延(まんえん)させることにあり、開発者の責任を問えると判断したとみられる。
記事(アサヒ・コムより)


白虎
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク